造形教室工房なある 造形教室 工房なある
〒177-0041
練馬区石神井町7-1-14-201
TEL/FAX 03-3995-7529
クラス紹介 なあるの活動 お問い合わせ
●講習会

講演会

●NPO「保育サービスぽてと」講演会「正しく与えるおもちゃと教育」

 2006年8月5日(土)の午前、NPO「保育サービスぽてと」のご依頼により、練馬区役所の交流会室で講演会をやらせていただきました。熱心な参加者の方に恵まれて、工房で今まで感じてきた、現代の子育てや子供の環境について、お話をさせていただきました。最後に参加された皆さんから、暖かい拍手をいただいたのが、本当に嬉しかったです。
 大きくなってからでは遅すぎる、幼児期の大切な手先と指先のトレーニング。遊び心のある教育。クレヨンの復権。私が考える現代の子育てに大切なポイントを、これからもいろいろなところで力説していきたいと、決意を新たにしました。
▲クレヨンによる描画方法を説明しています。手首や腕が衰えている現代の幼児には、肉体のトレーニングも兼ねた最適な描画材料が、「クレヨン」だと私は思っています。   ▲ただ線を引くだけでも、子供は楽しいもの!その時一緒に楽しんでくれる誰かがいれば、その楽しさは倍増します。
▲身の回りのもので、簡単なおもちゃを作りました。今回はペーパーサーベル。新聞紙とアルミホイルと牛乳パックが、魅力的なおもちゃに生まれ変わります。   ▲おもちゃを作り始めると、会場は和やかな雰囲気に。簡単な手作業をしながらお話をするのって、誰でも楽しいものなんですよね。ぜひ、子供と一緒に体験してもらいたいです。

●参加者から感想をいただきました。

「今のゆとり教育に必要なのは、「これなのだ!」と思いました。私たちがゆとり(遊び)の大切さを実践していくべきなのだと思います。私もクレヨンが大好きなので、自信を持ってクレヨンを使っていきたいと思います。」

「大変講演の内容も良かったのですが、手作りのおもちゃを、もっと沢山教えてほしかったです。それが少々残念でした。」

「本日はいろいろとありがとうございました。3歳になる孫に今日教えていただいたことを、教えていきたいと思います。とても勉強になりました。また次回も主人と一緒に参加させていただきたいと思いますので、よろしくご指導くださいませ。伊勢丹にも行こうと思っています。」

●ぽてとのスタッフの方から感想をいただきました。

「楽しいお話をありがとうございました。 作品もどれもアイデアにあふれ、身近なものを、やたらにすてられなくなりました。 日々小学生、保育園生に向き合っておりますが、ほんとに「子どもってこんな だったかなあ・・・・」と思う日々で、戸惑う毎日でした。 先生の、まさに今時の子供と向き合っていらっしゃるところから出るお言葉に、なにかほっとするような、安心感を覚えました。
自信を持って保育していきます。 食育が叫ばれ始めましたが、手先の教育も叫ばないといけませんね。」

「保育サービスぽてと」のホームページはこちら!

▲講習会のトップへ戻る
▲このページのトップへ戻る

ン CopyRight 2005 naaru. All Right reserved.